よもやまばなし

初めて公売で入札〜落札〜ミスに気付く〜キャンセルに至ったすべて

たなやん
たなやん
突然ですが、公売って知っていますか?

 

タイトルで全てを語ってしまっていますが、僕が体験した

初めて公売で入札〜落札〜キャンセルに至ったすべて

を綴ります。

これから公売に参加する方の参考になれば幸いです。

 

入札

公売でなかなか良さそうな戸建てを発見したので勉強がてら入札してみることにしました。

入札は公売のホームページから書類をダウンロードできます。

保証金をあらかじめ決められた口座に振り込む必要があります。

今回僕は15万円を振り込みました。(最低落札価格のだいたい10分の1くらいの価格に設定してあるようです)

僕のメインバンクは三井住友銀行ですが、

公売の指定はUFJ銀行だったので(あくまで僕の場合です)近くの支店にいって銀行員さんに聞くと

三井住友銀行のキャッシュカードがあるなら、UFJのATMからでも入金できますし、そっちの方が手数料が安いと教えていただきました。

僕の町には人がいる(銀行員さんが働いている)UFJ支店がなかったので

わざわざ隣町まで行ったのに、泣。

勉強になりました。ありがとうございました。

諸々の書類をすべて用意しまとめて国税局に郵送しました。

 

落札

開札の日程の次の日くらいに公売のサイトに落札の金額が発表されます。

物件の番号と金額のみの表記です。

自分の入札した金額を覚えておきましょう。(一桁まで指定できるのでなかなか他の人とかかぶる可能性は低いです)

その後、家に国税局から封筒が送られてきます。

そこには今後の流れが書いてあります。

何日までに残りの金額を指定の口座に振りこんでください。など。(保証金は充当されますので落札額からすでに預けてある保証金を引いた金額です)

 

その書類の中に物件の詳細が書いた紙も入っているのですが、

ここで僕は最大のミスに気づきます。

 

ミス

 

共有者がいました(後述しますが2名いました)

僕が落札したのは物件の3分の2の権利のみ。泣

残りの3分の1は誰かが所有しているということです。

公売のサイトにもおもっきり持ち分3分の2売りと表記があります

みなさんは見逃さないようにしてくださいね

 

法務局で登記を調べる

法務局は管轄によって場所が違うので公売物件がどこの法務局の管轄なのか

しらべておいてください。

僕は東大阪法務局でした。

6分の1ずつ2人の方が権利をもっていることが判明しました。

登記簿を出してもらうのにかかったお金は土地600円、建物600円の合計1200円でした。

登記簿には共有者の住所が載っていますが電話番号は載ってないので、

書留で話がしたいですと書いた手紙を入れて郵送しました。

共有者から連絡あり

 

共有者の二人の関係は兄弟でした。

大阪に住んでいる方から電話がかかってきました。

浮上した問題点

  • 2人からそれぞれ6分の1の権利を僕が買い取らないといけない(数十万円ずつ)
  • 占有者と電話した結果、物件には残置物もりもり。おおきな仏壇まである様子
  • 片付けるのに3ヶ月ほど猶予が欲しいと言われました。
  • 雨漏り二部屋と使えないトイレ(2階のん)あり。
  • 国税局に払う残りの残金の締め切りまであと1週間しかない
  • 司法書士さんには煩雑な仕事をお願いしなくちゃいけない。(登記を二人から僕に移す。2人のうち1人は東京在住)

補足ですが、持ち分100パーセントの物件の登記は

落札後、国税局の方でやってくれます。

なので司法書士さんにお願いしなくてもよいです。

キャンセル

キャンセルの電話を国税局にする

担当の方から、

保証金は没収されることと、今後2年間は公売に参加できない旨を伝えられました。泣

そんなこと知らなかったー。

家族が参加するのは良いようです。

あくまで僕の参加権がないです。

2年は大人しくしておきます。はい。

 

まとめ

 

持ち分だけ買うのはかなりリスクがあります。

でもどうしても欲しい持ち分売りの物件が公売にでてきたら、

  • 入札する前に法務局で共有者を確認。
  • 郵送で連絡、持ち分を売ってくれるのか、もしくは買ってくれるのか確認。
  • できれば占有者(物件の鍵を持っている人)にお願いしてなんとか家の中の様子を見せてもらう。(雨漏りや修繕箇所確認)

せめて上記はしておきたいです。

法務局にいかなくてもネットで登記出すこともできますが、

手続きに1週間ほどかかりますのでご注意ください。(法務局からログインに必要なコードが郵送で送られてくるため)僕は時間がなかったので直接法務局にいきました。

 

共有者だけで話し合いをしても結論がでない場合は裁判することもできますが、

裁判してしまうとよっぽど価値の高い物件でない限り

いずれの判決も経済的に良い方向の結果にはならなさそうです。

共有者たちだけで話し合いで結論を出すのが良さそうです。

参考にさせてもたったブログを貼っておきますね

https://wakearipro.com/shared-interest-foreclosure/

 

一連の流れでいろんなことがわかりました。

ヒューマンドラマを垣間みました。人生みんないろいろですね。

まるで探偵になったような感覚もできました

とても勉強になりました。

 

今後公売の物件を落札したいと考えているかたはくれぐれも持ち分だけ買うのは注意してくださいね。

 

では素敵な日をーー^^