2020-05-20

テレワーク動画をどう作っているのか説明しました

一人でテレワークしてみました。

最近流行りのテレワークです。

.

やり方を簡単に説明すると、

1,Logic Pro で音だけ編集する。

2,Final cut pro で動画と合わせる。

 

以上です。

これで終わりです。

 

少し詳しく説明すると

まずパソコンのLogic proで録音しながら同時にiphoneで撮影します。

 

そして、すべてのトラックを撮り終わったら

先にlogicでの音量のバランスやeqなどの編集を終わらせます。

んで、書き出し。

これで音の方はできました。

 

それからMac book(パソコン)の方にair dropでさっき撮った動画たちを転送します。

iphone→Mac book 

 

次にFinal cut proを使って各動画を一つの画面に貼り付けまして、

それぞれの動画をだいたいで良いのでタイミング合わせます。

最後に音をさっきlogicで作った音に差し替えて終了です。

 

7人のたなやんで演奏しました。

3分くらいの動画なので、

演奏がうまくいけば30分くらいで終わります。(実際は倍くらいかかります)

 

そのあと、編集と動画貼り付け、書き出しで

全部トータルで3時間くらいかかりました。

でも楽しくって時間はすぐ過ぎちゃいました。

 

このシリーズも続けていこうかな。

いまyoutubeでドラムのレッスン的なのをアップしてますが、レッドオーシャンなので

一人パーカッションアンサンブルの方が意外に需要あるかもしれないなー。

 

喋らないからもしかしたら

海外の人もみてくれるかもしれないし。

やってみよっと。

 

倉庫に眠っている楽器たちをひっぱりだしてきます。

 

もしテレワークのことで相談ありましたら連絡ください。

ではみなさん今日もよい1日にー♫

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です