よもやまばなし

時代の流れを読む。

時代の流れを読む。

 

なにか得体の知れない不安を感じているのは僕だけでしょうか。

それもここ2年くらい急激に。

 

今日は自分の頭の整理のためにブログを書きたいと思います。

 

音楽ビジネスの流れについて。

CDが売れなくなり、音楽はyoutubeとSpotifyなどの配信アプリへ移行。

関西の有名なジャズライブハウスが閉店が相次ぎ、バンド系のライブハウスも出演者がいなくて困る状況。

音大や専門大学が、ミュージッククリエーション科やyoutuber養成コースを作る。

 

上記のことから推測すると、

個人で家で音楽は楽しんだり作ったりできるから、

その方向でがんばりましょー。

 

ってことですよね?

 

 

いくつかの側面から考察する必要がありますね。

 

youtubeなどの配信アプリはが最近充実した。(ありとあらゆるジャンルの上質なコンテンツが増えた)

 

ジャズライブハウスの衰退はファン層の老化と

スマホによって可所得時間の優先順位が変わったから。

(いままでは音楽1番、服は2番だった人が音楽はyoutubeで満足できるからお金は服に使う選択になり順位が変わった、、など)

バンドが出演しないのは3000円払って対バンのイベントに呼ぶのはお客さんの方も演奏者もコスパが悪いことを感じてる。

(好きなバンドだけみれるならいいが、対バンが好きな保証はないし場所によってはオールスタンディング)

 

それから増税や不況によって単純に自由に使えるお金がないという話。

 

釣りの映像や動物の映像、演奏や格闘技。

いままでテレビの前で開始時間の前に座っておかないとみれなかったものがすきな好きな時間にすきなだけみれます。

 

こうなっていくとみんな今まで感じなかった時間の価値というのを強く認識していしまって、

ライブにいくならyoutube見る選択をする人が多くなったんじゃないかな。

 

演奏技術やいわゆるHow toもほどんど全て動画で事足りますし、

ライブ映像も一生かけてもみてないだろう

名演がyoutubeにあります。

(2020年の3月でドラムマガジンやベースマガジンの発行が毎月から年に4回に変わることも流れを感じます)

 

釣りや電車やゲームや動物ありとあらゆるコンテンツがスマホには詰まってますので、

ミュージシャンの敵はスマホです。

というか、全ての商品を売る人や会社の敵はスマホです。

 

なんやかんやと話しをしてきましたが

 

 

ここまでの話をまとめてぶっちゃけちゃうと、

 

お金ないし、スマホで我慢できるところは我慢してほんまに好きなものだけにお金つかおーやー

 

 

だと思います。

 

時代の流れですね、完全に。

ほんの10年前にあった梅田のドンショップのように若いミュージシャンが深夜から朝まで集まって、

先輩ミュージシャンの音楽を聴き自分もシットインさせてもらう時代は終わりました。

 

紅白に出たりミュージックステーションに出ることが目標にはならなくなってきました。

 

それよりも自分のチャンネルやインスタのフォロワーが数万人いるほうを目指すんじゃないかな。

 

 

 

それでもきっと少なくない人数の人が

全てのライブがなくなったわけじゃないし、

よりよいものを作ればきっとみんなに届くしお客さんも増えていくよーよ言いますが、

安易に答えを出す前に知っていた方がよい点がいくつかあると思います。

 

まず、

  • 日本の人口は減っていきおじいちゃんやおばあちゃんばっかりになる。
  • あなたの敵はスマホということ。
  • ありとあらゆるジャンルの動画コンテンツが豊富になったこと

 

 

練習して演奏することや

人とセッションして切磋琢磨するコスパが悪いと感じてしまいそう。

 

 

 

でもね、だからこそ

逆に身体で表現できることがよりレアになり重宝される時代になっていきそう。

 

スマホがあれば安くでかなり楽しい人生が送れそうなので、

実際になにかができることや、

その人じゃないとできないことはなんなのかってことが重要。

 

特殊な技術があることや、住んでる場所が外国ってだけで経験や体験が違うから重宝されそう。

 

 

以上が僕が最近アタマの中でもやもやしてたことですー。

あースッキリしたw

 

この流れのなかでどうするかはあなた次第だ!!!

 

とりあえず僕は夏休みに1ヶ月ほど妻と旅に出る予定です。

地球を見る旅。

 

ほんじゃったらー🎶(広島弁)