2020-02-04

ゴッホか孫正義

ソフトバンクの孫正義さんが言うていましたが、

昔ゴッホのような画家になりたかったようです。

 

ゴッホて認められる前に死んでるんです、

要するに絵が好きで自分が好きな絵を描きまくってたんです。

売れない絵でも関係ない。

 

消費者に寄り添う絵なんか違う。

自分のうちからでる作品だけを書き続ける。

 

貧乏画家。

 

この話にグッときました。

 

お金とかではなく自分の中から発するものに行く。

人生とはそういうものだと。

 

ソフトバンクグループの社長で億万長者の彼のもうひとつの夢が貧乏画家。

どっちにも共通していることは理念。

自分が信じる道をゆく。

 

かっこいいですね。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です