2018-08-03

自分の作品だと思うことにしました。

木梨憲武さんの個展に行って来ました。


 

どの作品からも”陽”、”ポジティブ”を感じる作品ばかりでした。

人柄がすごく出ていて楽しめました。

 

美術館てすごくいい空間。

ココロが落ち着きますし、アタマがクリエイティブになりますね。

 

ノリさんの作品はダンボールで作ってあるものもあり、

見る人によってはアートにもみえるし、見えない人もいるだろうなー。

 

でもアーティストはアートに見えるみえないじゃなくて、

作りたいからつくっちゃう。

 

それでいい。

それが面白い。

 

直接その作品が生まれたことによって、お腹が膨れるわけでもないし、早く移動できるわけじゃない。

でもココロが安心したり、今まで感じたことのないような不思議な感覚になる。

それがいいんですよねー。

 

この前の周年パーティに来てくれたお客さんの中に

トイロイトの新曲”アエテムシューダ”をすごく褒めてくれた方がいました。

他人の家にいくとなんか違う匂いがするよねーっていう曲なんですがww

 

その褒めてくれた方は“いままでずっと思ってたことを曲にしてくれたー!!!”て言うてたwwww

 

作品を作るって“それでいい”んですよねー。

意味などあってもいいしなくてもいい。

ただ誰かがなにかを表現したくて作ったという事実が面白い。

 

 

ノリさんの作品を見た僕のアタマは嬉しがっていました。

 

 

そこで感じたのは、シェアハウスのこと。ヤンスタのん。

 

今日まではDIYするにしても、壁や床など無難なものにしようとしていました。

お金もかかるし、汚れにくくて質感も無難なやつを選ぼうとしてた。

 

でも今日ノリさんの個展を見に行って、やっぱりシェアハウスは

自分の作品だと思って作ろうと決めました。

漆喰もぬるし、ペンキもぬる。

床も古材な感じにする!!

お金が多少かかっても納得できるのんにする!!

 

今日いってよかったなー。

 

得るものが多かった。

 

 

という話しでしたー。

 

るんるん♬

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です