2018-03-19

エリザベス先生。

3年間伴奏させていただきました。エリザベス先生の送別会でした。

一番最初に会ったのを今でも鮮明に覚えてるなー。

思ってたよりも細くて凛とした感じ。って思った。

 

授業でよく生徒に伝えてたことは、

スタジオに入ってきたら、外のこと(日常)は置いてきてダンサーになりなさい。

イメージが大事。

お客さんはあなたたちのダンスで非日常を味わうの。

 

などなどたくさんありますが、

何度も何度も繰り返し同じことを伝えてましたね。

 

僕もドラム講師をしているのですごく勉強になりました。

同じ例え話しでも、何度でもちゃんと口に出して伝えることは大事ですね。

 

 

3年間どの授業も素敵なクオリティの授業でした。

これは、当たり前のように見えれけどなかなかできない素晴らしいこと。

 

自分もいいクオリティで仕事し続けなきゃなと

いつも改められて感じていました。

 

世界で活躍してた存在感を持ちながらも

授業外ではお茶目でお話し好きな先生。

 

素敵なたくさんの思い出ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です