2018-02-05

外国の曲のカバー関するJASRACからの返事 

外国の曲のカバーについてです。

この話しもま今後、ドラムの譜面につながります。

以下JSRACからの返信文。

(1)出版物における利用の場合
外国においては、JASRACのような著作権管理団体が、出版物など
での複製利用について著作権管理を行っていないことがほとんどです。
そのため、当該国の著作権管理団体とJASRACとの相互管理契約
の範囲外となることから、日本国内で、外国楽曲を印刷物などに掲載
して利用する際は、利用者の方が、直接、著作権者に連絡して承認を
得るとともに、使用料額について協議をする必要があります。
しかしながら、多くの楽曲では、著作者が、楽曲のプロモートなどを
行う「音楽出版者」と呼ばれる事業者と契約を結び、著作権の管理を
委託しています。また、そのような音楽出版者(オリジナル音楽出版
者=OPといいます。)と、日本国内もしくは頒布国の音楽出版者
(サブ音楽出版者=SPといいます。)とが、サブ・パブリッシング
契約を結び、頒布地域での利用をSPが管理している楽曲も数多く
あります。SPが存在する場合、利用者の方は、著作者本人やOPでは
なく、SPから承認を得ることができます。
また、日本国内においては、SPのほとんどはJASRACと信託契約
を結んでおり、利用許諾に係る著作物使用料の請求はJASRACが
行います。
外国楽曲を出版物で利用される場合は、当協会がウェブサイトで公開
している作品データベース「J-WID」などで、予め権利者をご確認
いただき、JASRACへの申請に先立って、SP等権利者の承諾を
得てください。
(外国作品のご利用に関するご案内)
http://www.jasrac.or.jp/info/forein.html
(出版物での音楽利用に関する手続のご案内)
http://www.jasrac.or.jp/info/create/publish.html
(J-WID 作品データベース検索サービス)
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

(2)インターネット上での利用の場合
ツイッターやウェブサイトなどに、外国楽曲の楽譜を掲載する場合は、
楽曲や権利者等によっては、歌詞・楽譜の可視的利用に当たり特定の
条件を伴う場合があります。詳しくは、下記のご案内ページを参照
いただくか、当協会ネットワーク課あてお問合せください。
(インターネット上での音楽利用に関する手続のご案内)
http://www.jasrac.or.jp/info/network/index.html
(インタラクティブ配信可視的利用可否判定リスト)
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/info/kashiteki.html

(3)その他
上にあげた以外にも、特別な取扱となる利用方法がありますので、
ご利用に際しては、事前に当協会の各担当窓口にお問合せくださるよう
お願い申し上げます。

以上、ご不明な点がございましたら、ご面倒ですがお問合せくださいませ。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

———————————————
一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)

なるほど。
要するに、コストコみたいにいろんな外国の商品(曲)
置いているお店があってそこに使っていいですかー?って問い合わせるってことね。
でもほぼjASRACと提携してるからJ-WIDって検索エンジンで調べてねってことか。

ふむふむ。

友達のバンドに聞きましたが、有名な曲をカバーすると
何枚CDにするかで値段が違うみたい。
そりゃそうだねねー。
100枚まらコレ、10000枚ならこれって著作料もかわるよね。

僕はドラムの譜面について知りたいので
もっと具体的に、
“例えばビートルズの曲の手書きのドラム譜面をネット上にアップするのは
著作権どうなんですか?”

って聞きました。

その返信もきましたので後日ブログにあげますね。

るんるん♬

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です